若い頃より体の疲れは感じるのに太りやすくなり自分の体力の無さに驚き

若い頃はよく登山もしていたというのに


私は40歳でパートで働いています。

仕事は事務職で、平日の4日間だけ出勤し、残業もなく家事と子育てにある程度集中することも出来ています。

先日、誕生日を迎え40代に突入したばかりなのですが、最近体力の衰えを感じることが増えてきました。

私は結婚して1年後に出産したのですが、その頃は家事と子育て、仕事を両立出来ていました。

生後数カ月の子どもは手がかかるし、夜もあまり寝られませんでしたが、それでも産休を経て仕事に復帰し、多忙ながらも平気で働くことが出来ていました。

現在、子どもは中学2年生で手はかからなくなり、夜はきちんと眠れているのに、前日の疲れを引きずって翌朝も体がだるい日が増えてきました。

出勤も以前はバス代の節約のために歩いて駅まで行っていたのですが、朝からあまり運動もしたくないので、バスを使うようになっていました。

体の疲れは感じるのに、太り易くなったため、20代の頃に比べて体重は5キロ増加しており、ダイエットも考えるようになりました。

そこで、まずはとにかく体を動かそうと会社のオフィスまでエレベーターではなく階段を使うことにしてみました。

オフィスがあるのはビルの7階で全て階段で上がれば結構な運動になります。

初めの2階まではとんとん拍子で上がることが出来ていましたが、3階くらいから息切れ、4階くらいでは膝が重くなり、5階以降は手すりを持っても膝が上がらなくなっていき、あえなく断念して途中からエレベーターに乗ってしまいました。

10代から20代のころはよく登山もしていたというのに、自分の脚力の衰え、体力の無さに驚きました。

そして、その日の夜はなんとも無かったのに、2日後にももとふくらはぎに筋肉痛が出てしまいました。

筋肉痛など、何年振りに経験したかと思う程久々でしたが、20代の頃はその日の夜には筋肉痛が来ていたかと思うと、この遅れ方も年を重ねた結果かと思いました。

それからは無理をせず、ビルの階段を上がるのはやめて、駅までの道のりを徒歩で行くことにしました。

こちらならまだフラットな道なので体がついていくことが出来ました。

それにしても、毎日の家事と子育てと仕事を15年続けていたというのに、体力は落ちるものなのだなと、年のせいなので仕方が無いとしても、なんだか少しがっかりする経験でした。

しかもまだダイエットにはあまり効果が現れていません。


髪の毛が薄くなってきてるのに仕事でヘルメットや帽子の着用が義務で頭が蒸れてしまう